HX Stomp XL

HX Stomp XL

今回の記事は、Line6の「HX Stomp XL」のお話し。

昔からエフェクターをはじめとする機材が好きで、色々使ってきました。

ずっとエフェクターボード2つ並べて使ってたんだけど、「HX Stomp XL」を使い始めてからは基本的にこれだけになりました!

「HX Stomp XL」はアンプシミュレータ+マルチエフェクターといった感じの機材。

Line6お得意のモデリングが満載で、上位機種のHelixシリーズと同じモデリングが搭載されているので、出音としては(理論上)同じ音になります。

性能的にはDSP(PCでいうCPUみたいなもの)が異なっているため、同時に使えるエフェクトなどがHelixは32個、HXシリーズは8個という違いがあります。

とはいえ、大量のエフェクターを同時に使うとかでなければHXシリーズでも十分かなと。

導入のきっかけは「Diezel VH4」のモデリングが追加されたから!
前回記事にしたMUSEをはじめ、好きなギタリストが使ってることが多く、ずっと使ってみたくて、コンパクトのエフェクターなんかを使ってたこともあったんだけど、モデリングは中々なくて。

「HXシリーズ」も最初は無かったけど、アップデートで追加されたんです。
それを目ざとく見つけて笑
アップデートでアンプやエフェクターが追加されていくのもデジタルものの良いところですね。

また、これまでは「やっぱり歪みはアナログ!」とか思ってたんだけど、使ってみたら全然問題無いです。
デジタルっぽさとかは今まで特に感じたことないかな。

HXシリーズは他にもXLじゃない「HX Stomp」が元々あって、こっちはすごくコンパクト!あんまり踏みかえることがないならこれで十分な人も多いはず。
あとはアンプのモデリングがない、シンプルなマルチエフェクターの「HX Effects」もあります。

・私が使っている「HX Stomp XL」はコチラ

・よりシンプルなセット、エフェクターを大量に使わない方はコチラ「HX Stomp」

・アンプは実機、エフェクターだけで良いという方はコチラ「HX Effects」

ということで、長くなったので今回はこの辺で!

定期的に「HX Stomp XL」で使ってるアンプやエフェクターを紹介していこうかなと思ってるので、良かったら見てくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました